自動車安全講習

f0085179_6112983.jpg

南アでは、公共交通手段が殆んど無い為、自家用自動車無しでは何もできません。
それだけに、治安以外でも常に危険が一杯。。。。
実際、交通事故はしょっちゅう見かけます。(はっきりいって南ア人は運転ヘタクソ!)
そのためなのか?なんなのか??とにかくAちゃんの会社の駐在員は二日間の自動車講習を受けることになりました。

とても立派なドライビングコース(BMWやメルセデスやフェラーリなどのテスト走行などもする)で、西武警察(←年代が判るね!)も顔負けの、「スタント風」な急ブレーキの方法・高速走行中のハンドリング(私はサーキットで最高160km/h出しました。教官は220km/h出してくれましたが怖いし、重力が凄かった・・・)や、非常事態の人命救助方法などを学びました。

ガンポイントをされた時もそうだったのですが、緊急時には、このような機会に学んだ知識が
フッと頭に浮かび役立つものです。
対処法を知っているのと知らないのとでは雲泥の差なので、本当に有意義な良い講習でした!

※上記写真はハイドロプレーニング現象用のコースでブレーキの練習中



ちなみに、私が一番驚いた話は

  ↓

教官に

「助手席に乗って教える時、どんな生徒が一番怖いですか?」
と、質問したところ

(↑なぜこの様な質問をしたかと言うと、教習車は一般のレンタカー。すなわち助手席には補助ブレーキもないのにスタントの様な教習をする為・・)


「それは黒人の女性の警察官に教える時だね」

と、即答。

彼女達はホントーに運転がヘタらしく、あまりに怖くて命の危険を感じて

「これ以上教えられない・・・」

と、教官は助手席から降りたこともあるらしい。

ちなみに、普段交通違反を取り締まる彼女達だが、その中には

「「「無免許」」」」の人もいるとのこと・・・・・

ああ、ほんと、恐ろしい。。。そんな人達の運転で追っかけられるなんて。。。

これぞ TIA (This is Africa)

<おまけ>
Aちゃんは二日間の講習生の『Best Driver』に選ばれ、トロフィーもらいましたよ!
f0085179_05388.jpg

[PR]
by n-o-r-i-k-o | 2009-12-12 14:27 | 気になるコト・モノ
<< 明けましておめでとう X'mas party >>